フォト
無料ブログはココログ

過去記事

たけのしんの番外札所

ホームページにもお越し下さい

たけのしんの番外札所

Kanibuti

四国霊場

西国霊場

坂東霊場

おまけコーナー

 

以下はブログ目次

番外札所考

 

寂本「四国徧礼霊場記」目次

遍路道 目次

四国番外霊場 目次

西国番外霊場 目次

坂東番外霊場 目次

令和日本回国巡礼 目次

 

 

2021年10月17日 (日)

徳山大神宮


徳山大神宮 北海道松前郡松前町字神明66 渡島国一宮(松前一宮) 御祭神:天照大御神、豊受大神




渡島国一宮には他に北海道最古の神社の姥神大神宮があります。

2021年10月16日 (土)

上ノ国観音堂



上ノ国観音堂

北海道桧山部上ノ国町上ノ国46 


円空仏が安置されています。
 


2021年9月12日 (日)

江戸六地蔵6番代打 浄名院



東叡山浄名院
東京都台東区上野桜木2-6-4
天台宗、江戸六地蔵第六番(永代寺代理)








2021年9月11日 (土)

江戸六地蔵6番 永代寺



大榮山金剛神院永代寺
東京都江東区富岡1-15-1
高野山真言宗、江戸六地蔵第六番(千葉街道)、御府内第六十八番

永代寺は明治元年、神仏分離令により廃寺となりましたが、明治29(1896)年、塔頭の吉祥院が名跡を継ぎ再興されました。

かつては隣の富岡八幡宮と一体であり深川公園辺りも含む広大な敷地でした。大地蔵像はかつての富岡八幡宮の二の鳥居の辺りにあったようですが、廃仏毀釈として破壊されてしまいました。成田山の出開帳の場であった永代寺に代わり永続的な不動堂として成田山東京別院が創られたのは明治14年のことです。永代寺が再興されるのは前述の通りその後です。永代寺門前仲町は、富岡八幡門前仲町となり、今は深川不動門前仲町の趣さえあります。

2021年9月10日 (金)

江戸六地蔵5番 霊巌寺



道本山東海院霊巌寺
東京都江東区白河1-3-32
浄土宗、江戸六地蔵第五番(水戸街道)


2021年9月 9日 (木)

江戸六地蔵4番 太宗寺

霞関山本覚院太宗寺
東京都新宿区新宿2-9-2
浄土宗、江戸六地蔵第四番もしくは第二番あるいは第三番(甲州街道)

2021年9月 7日 (火)

江戸六地蔵3番 真性寺


医王山東光院真性寺 
東京都豊島区巣鴨3-21-21
真言宗豊山派、江戸六地蔵第三番もしくは第四番(中山道)

2021年9月 6日 (月)

江戸六地蔵2番 東禅寺

 


洞雲山東禅寺
東京都台東区東浅草2-12-13 
曹洞宗、江戸六地蔵第二番あるいは第四番(奥州道) 

2021年9月 4日 (土)

江戸六地蔵1番 品川寺



海照山普門院品川寺 
東京都品川区南品川3-5-17 
真言宗醍醐派、江戸六地蔵第一番(東海道) 

2021年8月 1日 (日)

六所宝塔

最澄は国分寺体制に代わる国家鎮護体制として、法華経による国家安泰、仏法興隆、国民安楽の祈願のため日本に六ヶ所の仏塔を建立しようと企図しました。 東西南北中総の六塔です。 安総宝塔<近江宝塔>・・・比叡山延暦寺東塔~法華総持院東塔  821(弘仁12)年 安中宝塔<山城宝塔>・・・比叡山延暦寺西塔~西塔院  もしくは宝幢院相輪塔  923(延長元)年 安東宝塔<上野宝塔>・・・緑野寺(現・浄法寺)  815(弘仁6)年 安北宝塔<下野宝塔>・・・大慈寺  815(弘仁6)年  のちに日光山輪王寺相輪塔  1643(寛永20)年 安西宝塔<筑前宝塔>・・・竈門山(現・宝満山妙香庵)  814(弘仁5)年 安南宝塔<豊前宝塔>・・・香春山天台寺(現・香春神社)  814(弘仁5)年  のちに弥勒寺(現・筥崎宮)  937(承平7)年  のちに宇佐弥勒寺(現・宇佐神宮)  2009(平成21)年 最澄は安南宝塔を宇佐の弥勒寺に建立する予定でしたが、最澄と由縁が深い香春神社に建立されました。その後、筥崎宮に移され、近年、当初の計画であった宇佐神宮に再建されました。


«第7回巡礼遍路研究会

2021年10月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31